Menu

地域密着型特養千鶴園

Home

地域密着型特別養護老人ホーム千鶴園

地域密着型特別養護老人ホーム(地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護)とは・・・

特別養護老人ホーム万亀園

特別養護老人ホームは、おおむね65歳以上で、常に介護が必要な方(介護保険で要介護3以上の認定を受けられた方)が、可能な限り自立した日常生活を送ることを目指す入所施設です。ホームに生活の場を移していただくこと(入所)により、食事・入浴・排泄等の介護や、機能訓練・健康管理・日常生活上のお世話等を24時間体制で受けることができます。
なかでも地域密着型は、入所定員30人未満の施設で、地域や家族との結びつきを重視した運営を目指します。 そのため、当施設では、施設所在地である加古川市に住民登録されておられる方が入所対象です。

基本的には特に問題が生じない限り、終身でご利用いただくことが可能です。長期入院が必要になった時などには契約終了(退所)となる場合もございますが、施設での生活が可能な状態に回復されましたら、優先的に再入所いただけます。

利用料は、介護保険施設サービス費の1割(高所得の方の場合は2割)と、食事・居住費、その他日常生活を送っていただく上で必要となる費用がかかります。
なお、収入に応じて食費・居住費の減免が受けられる場合があります。
施設サービス費は高額介護サービス費の対象にもなります。

千鶴園での暮らし

千鶴園は、平成26年4月に開設の、全室個室のユニット方特別養護老人ホームです。 ひとつの住まいの空間(ユニット)は、約10室の個室と、リビング・キッチン・浴室で構成されています。 ユニット数は、ショートステイサービス専用と併せても4つだけの、3階建ての小さな施設です。 1階にはデイサービスセンターを併設しています。

ご入所いただく個室には、洗面台とベッド、エアコンに、テレビ台にもなる小型の箪笥を設置しておりますが、さらに使い慣れた家具や家電、思い出の品々などもお持ち込みいただけます。

リビングにはテレビやテーブルを、キッチンには食器棚・調理台・冷蔵庫など、ご自宅と同様に暮らしの必需品が揃っています。ご愛用の湯飲みやお茶碗もおもちください。入浴は、ご家庭のお風呂と変わらない雰囲気を大切にするため、ユニットに1つずつ、個人浴槽をご用意しています。

スタッフも、ユニットごとの担当制です。ご家族や地域との関わりも大切に、ご利用者様のこれまでの暮らしを念頭におきつつ、「これからの暮らし」を支えさせていただきます。

利用料金

日常生活を送るうえで必要な費用

種別  金額・内容
医療費  診察費、薬剤費等。インフルエンザ予防接種費用含む。
ユニット費  1ヶ月800円。ユニット内で使用する共用品や合同行事等の運営費用。
散髪代  1回1,500円。出張美容師が対応。毛染め、顔ぞり等は別途実費。
日用品費  個人的に使用する教養娯楽実施に要する費用、専用の新聞・雑誌・おやつ代等
教養娯楽費  契約者が希望選択する教養実施に要する費用、専門の新聞・雑誌・おやつ代等
電気代  持込家電1点につき1ヶ月500円。
 テレビ・冷蔵庫・電気毛布・パソコン関係・個室内使用の加湿器等が対象。
 ラジオ・電気カミソリ等は対象外。
交通費  個人的理由で外出した際に要したガソリン代・通行料・乗車料等。
 契約者の代理として職員が外出した場合の費用も対象。
付添費  1時間2,000円。契約者の緊急でない場合の通院・個人的理由での外出等に職員が付添った場合
 (ご家族が対応できない場合等)
コピー代  1枚10円。文書複写時等。
貴重品管理費  原則的にはお預かりしないが、やむを得ない場合のみ。
その他費用  上記以外でご契約者に負担いただくべき費用。