Menu

居宅介護支援事業所万亀園

Home

居宅介護支援事業所万亀園

居宅介護支援サービスとは

居宅介護支援事業所

居宅介護支援とは、ご利用の皆様にあったケアプランの作成や介護認定の申請代行などの、普段手続きに手間のかかる事務作業などを代行して行うサポートサービスです。

ご利用者様の現在の状態にあった最適のケアプランを提案しできる限り穏やかな日常生活を送っていただけるようにサポートいたします。

居宅介護支援事業所の主なサービス内容

介護認定の手続き

介護保険のサービスを受けるには、要介護認定の申請が必要です。
介護認定申請手続きや更新手続きを、ご本人やご家族に代わって行います。

ケアプランの作成

介護支援専門員(ケアマネージャー)が、介護サービス計画(ケアプラン)の作成およびサービス提供の支援をします。
ご利用者様やご家族のご希望をもとに、より良いサービスの調整をし、ケアプランを作成いたします。

介護サービスの実施状況の把握

介護サービス計画の実施状況と、現状の課題を把握します。
介護スタッフの専門的見地からの意見を聞き、ケアプランの見直しに活かしていきます。

ケアプランの見直し・調整

介護サービスを実施する中で、必要に応じて介護サービス計画の変更、介護サービス事業者との連絡調整を行います。
そして、ご利用者様の目標達成のために、それぞれに合ったオーダーメイドのケアプランを作り上げていきます。

申し込みからサービス利用までの流れ

1 . 要介護認定の申請

申請の目安

■ 65歳以上の方(第1号被保険者)
 ・ 日常生活において介護や支援が必要な方
■ 40歳以上65歳未満の方(第2号被保険者)
 ・ 加齢が原因の指定された病気(特定疾病)により介護や支援が必要となった方

※ 高齢であって、健康で自立した生活をされている方が申請された時は、認定が「非該当」となることがあります。
申請は介護サービスが必要となった時に行うことをお勧めします。
なお「非該当」または介護保険未認定の方については介護保険給付対象外のサービスで、地域支援事業等が御利用いただけます。

申請手続き

■ 提出先
 ・ 介護保険課・市民課・各支所(所定の用紙が備え付けてあります。)
■ 提出時必要なもの
 65歳以上 : 介護保険被保険者証(紛失した場合はその旨伝えてください)
 40歳以上65歳未満の方 : 健康保険証

※ 申請書に主治医氏名を記入する欄がありますので、事前にご確認ください。

代行申請について

■ 代行者
 ・ 地域包括支援センター
 ・ 居宅介護支援事業所
 ・ 介護保険施設

※ 代行申請の場合は、各事業所にご相談ください。

2 . 訪問調査

認定調査員が家庭等に訪問して、本人や家族から心身の状態、日頃の様子などを伺います。

3 . かかりつけ医の意見書

申請時記入していただいた「かかりつけ医」へ意見書を作成してもらうよう市から依頼します。
(本人の手続きはありません。)

4 . 認定審査会の判定

学識経験者で構成される「介護認定審査会」で、訪問調査の結果と「かかりつけ医の意見書」をもとに、要介護度や認定の有効期間などを総合的に審査・判定します。

5 . 認定結果の通知

「介護認定審査会」で審査された要介護度等を決定し、本人にお知らせします。
※ 原則として30日以内に通知されます。新しい介護保険被保険者証も同封します。

6 . 「居宅介護サービス計画」及び「介護予防サービス計画」の作成

サービスを利用する場合は、居宅介護サービス計画(要介護1~5の方)が必要です。
計画の作成は居宅介護支援事業所に依頼することができます。

介護予防サービス計画(要支援1・2の方)については、利用者の方のご住所がある各地域の地域包括支援センターが作成することになっています。(本人の費用負担はありません。)

7 . サービス利用の開始

サービス計画に基づいたサービスを受けます。
(利用するサービスごとにサービスを提供する事業者と契約を結びます。)