ショートステイサービス万亀園(短期入所生活介護・介護予防短期入所生活介護事業)

ショートステイサービス千鶴園

社会福祉法人万亀会 HOME >  事業案内  > ショートステイ千鶴園

ショートステイとは・・・

  • ショートステイサービス

    おおむね65歳以上で、在宅で暮らしている介護の必要な方が、特別養護老人ホーム等に短期間(数日~)入所して、食事や入浴、排泄などの日常生活のお世話や、機能訓練等のサービスを受けることができます。

    主としてその方の介護をされているご家族が、なんらかの理由で一時的に介護できない際に利用するというケースがほとんどです。冠婚葬祭や旅行、介護者が病気になった時などの他、介護疲れを予防するために、定期的に利用されることもあります。

    利用料は、介護保険の居宅サービス費の1割(高所得の方は2割)と、食費・滞在費、その他日常生活を送る上で必要となる費用がかかります。ただし、おむつ代はサービス費に含まれています。 また、収入等に応じて食費・居住費の減額が受けられる場合があります。また、サービス費は高額介護サービス費の対象にもなります。

  • 千鶴園でのご滞在・・・

    ショートステイサービス千鶴園は、平成26年4月開設の、地域密着型特別養護老人ホームに併設された事業所です。特別養護老人ホームと同様の設備の空間(ユニット)でお過ごしいただけます。ユニットは、個室10室と、トイレ3室・リビング・キッチン・浴室等で構成されています。ショートステイサービス千鶴園では、基本的にはショートステイ専用ユニットでのご滞在となりますが、特別養護老人ホームユニットに一時的に空きが生じた場合、そちらをご利用いただく場合もございます。

    滞在いただく個室には、洗面台とベッド、エアコンに、テレビ台にもなる小型の箪笥を設置しております。 ショートステイは短期間のご利用ではありますが、使い慣れた家具や家電、思い出の品々などをお持ち込みいただくことも可能です。 入浴は、ユニットに1つずつ、リフト付き個人浴槽をご利用しています。もちろん、寝台浴槽のご用意もございます。 ご利用開始日(入所日)及び終了日(退所日)は、お車でご自宅まで送迎することも可能です。

サービス利用料金

ショートステイサービス千鶴園において、標準的なサービスを1泊2日でご利用になった場合の金額です。 介護保険サービス費と食費及び滞在費の合計です。
1泊2日あたり 介護保険負担割合1割の方 介護保険
負担割合
2割の方
負担限度額認定
第2段階
負担限度額認定
第3段階
認定無し
要支援1 3,975円 5,475円 8,955円 10,510円
要支援2 4,241円 5,741円 9,221円 11,042円
要介護1 4,366円 5,866円 9,346円 11,292円
要介護2 4,507円 6,007円 9,487円 11,574円
要介護3 4,661円 6,161円 9,641円 11,882円
要介護4 4,803円 6,303円 9,783円 12,166円
要介護5 4,944円 6,444円 9,924円 12,448円
  • その他日常生活を送るうえで必要な費用

種別  金額・内容
医療費  診察費、薬剤費等。インフルエンザ予防接種費用含む。
散髪代  1回1,500円。出張美容師が対応。毛染め、顔ぞり等は別途実費。
日用品費  個人的に使用する教養娯楽実施に要する費用、専用の新聞・雑誌・おやつ代等
教養娯楽費  契約者が希望選択する教養実施に要する費用、専門の新聞・雑誌・おやつ代等
電気代  持込家電1点につき1ヶ月500円。
 テレビ・冷蔵庫・電気毛布・パソコン関係・個室内使用の加湿器等が対象。
 ラジオ・電気カミソリ等は対象外。
交通費  個人的理由で外出した際に要したガソリン代・通行料・乗車料等。
 契約者の代理として職員が外出した場合の費用も対象。
付添費  1時間2,000円。契約者の緊急でない場合の通院・個人的理由での外出等に職員が付添った場合
 (ご家族が対応できない場合等)
コピー代  1枚10円。文書複写時等
貴重品管理費  原則的にはお預かりしないが、やむを得ない場合のみ。
その他費用  上記以外でご契約者に負担いただくべき費用。
ショートステイサービス万亀園へのお問い合わせはこちら