地域包括支援センターのぐち(地域包括支援事業)

地域包括支援センターのぐち

社会福祉法人万亀会 HOME >  事業案内  > 地域包括支援センターのぐち

地域包括支援センターとは・・・

  • 地域包括支援センターのぐち

    みなさんの元気を支えます。地域包括支援センターのぐち

    地域包括支援センターは、高齢者のみなさんが住み慣れた地域で安心した生活を続けられるように支援を行う総合機関です。

地域包括支援センターのぐちの主なサービス内容

  • 様々な相談に対応します(総合相談支援)

    高齢者の生活全般に関する相談、高齢者の家族や地域住民の方などからの相談に主任ケアマネジャー・保健師など・社会福祉士などの専門職が対応します。

  • 自立した暮らしを支援します(介護予防ケアマネジメント)

  • 要介護認定で要支援①、②と認定された方の『介護予防プラン』を作成します。

    ケアマネジャーが介護が必要な状態にならないことを目標に、介護保険のサービスの利用ができるよう、ご本人、ご家族と一緒に検討し、介護予防プランを作成します。サービス利用後は定期的にサービス利用による効果の評価を行い、サービスの見直し、再調整を行います。

  • 要介護・要支援になるおそれのある方を支援します

    要介護・要支援になるおそれのある方は、市が推進している『介護予防事業(いきいき百歳体操)』や地域のサロンに参加していただくことをお勧めしています。
    対象者は65歳以上の方で、その内、チェックリスト実施の結果、2次予防事業対象者となった方は、地域包括支援センターの看護師が、継続的に支援いたします。

  • 適切なサービスを提供できるように支援します(包括的・継続的ケアマネジメント)

    ケアマネージャーへの支援や助言、主治医や行政、地域の関係機関との連携などを行い、充実したサービスが提供できるように、地域のネットワークづくりを進めます。

  • 高齢者の権利を守ります(権利擁護)

  • 虐待の早期発見・防止に努めます。

    高齢者本人や養護者(介護者)、地域の方からの相談や虐待を発見した場合の通報を受けて、他の関係機関と連携して、虐待の早期発見・防止に努め、高齢者の権利を守ります。

  • 悪質な訪問販売等などによる被害を防止します。

    高齢者にとって身近なケアマネージャーや民生委員、他の関係機関と連携をして、消費者被害の早期発見と防止にあたります。

  • 認知症などにより、判断能力の低下している方を支援します。

    認知症などで判断能力が低下して、財産の管理や日常生活上の契約などに不安がある方へ、成年後見制度などの活用を支援します。

成年後見制度とは・・・
認知症などにより判断能力が不十分な方について、財産管理などに関する契約の締結を行う代理人の選任などの支援を行う制度です。
  • 介護者を支援します。

    ご家族の介護をされている方、今後する予定のある方、介護に興味のある方を対象に『介護者のつどい』『男性介護者の集い』を実施しています。介護の知識・技術の習得や介護者同士の交流、情報交換などができる場を提供し、介護者の負担を和らげるお手伝いをします。

  • 地域の活動を支援します。

    地域の老人会、町内会などのサロンに出向き、健康相談や介護予防や健康増進に関するお話をさせていただき、知識の普及啓発に努めています。

    万亀園 1階 地域交流室 茶話茶笑 : 第1・4火曜日 13時30分 ~ 15時30分(お茶代が必要です)

    いきいき百歳体操 : 毎週火曜日 13時30分 ~ 14時(無料)
    ご自分で来れる方はどなたでも参加自由です。

地域包括支援センターのぐちへのお問い合わせはこちら